八千代市で自律神経の乱れなら臨床実績10万人以上のセドナ整骨院!

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック八千代村上院


四十肩、五十肩

こんにちは!セドナ整骨院の大和田です!
 
ここのところ一気に冷え込み、冬のような気温になってきましたね。
 
今回は四十肩、五十肩についてお話させて頂きます。
 
四十肩、五十肩は関節痛の一種です。年齢を重ねると、肩の関節がスムーズに動かなくなることがあります。
四十肩、五十肩は、その名の通り40代で症状が出れば「四十肩」、50代で症状が出れば「五十肩」と呼ばれています。
 
ですが実はそもそも四十肩という病名は存在しません。
四十肩などは日常会話の中で使われる「俗称」という位置づけで、「肩こり」や「ぎっくり腰」などと同じような感じですね。
広い意味での病名としては肩関節周囲炎といい、簡単にいうと肩関節の周りに炎症が起きて痛みが出ています。
ちょっとザックリした病名ですが、痛みの出る部位が力こぶの筋肉である上腕二頭筋の腱だったり、インナーマッスルに炎症が起こっている腱板炎だったりと個人差がある為このように呼ばれています。
 
原因としては、加齢によるものと言われていますが、肩関節や肩甲骨の動き、肩こり、血行不良、肩関節への負荷、姿勢の乱れなど様々です。
特徴として肩を上げる動作や、水平に保つのが難しくなります。そのため、洗濯物が干しづらくなった、肩よりも上のものが取りづらくなった、背中のファスナーがあげられないなどの症状が現れます。
 
四十肩、五十肩は肩の関節にある「腱板」という組織が炎症を引き起こし「関節包」に広がる事で起こります
ではなぜ40~50代に良くみられるのかと言いますと、これは老化に伴い、筋肉や腱の柔軟性が失われスムーズに動かなくなるからと言われています。
 
痛みの出る動作、部位としては肩甲骨と上腕骨をつなぐ肩関節に痛みがでます。そのため、腕を持ちあげるような動きが難しく、中でも腕を外側に回すような動作などは、特に痛みを感じます。
 
例として
・髪を後ろに束ねるとき
・電車でつり革をつかむとき
・洋服を着替えるとき
・エプロンの紐を結ぶとき
・シャンプーをするとき

などに痛みが出ます
 
ただ「痛みがある」というだけでなく、いつもの簡単な動作が困難になり、日常生活に不便を感じる方もいます。
 
四十肩、五十肩は、痛みの強い「急性期」と、痛みは落ち着いているが思うように肩が動かせない「慢性期」、痛みが改善する「回復期」に分けられ、ほとんどの場合、経過と共に痛みは改善していきます。
 
よく肩こりと混同されてしまいがちですが、肩こりは筋肉の緊張などから起こるもので、四十肩、五十肩とは明らかに違うものです。
簡単に説明すると肩こりは「筋肉疲労」、四十肩や五十肩は「炎症」の状態です。
一般的な肩こりは筋肉の緊張からくる、血液循環の悪化が原因。習慣化した姿勢の悪さや、運動不足、ストレスにより筋肉疲労がおこり、張りや痛みを引き起こします。
 
悪化させないためにご自宅でもできるケアの方法として、ストレッチや入浴や蒸しタオルがあります。
ストレッチは肩関節の緊張をほぐし、痛みの緩和と、関節の可動域を広げる事ができます。入浴、蒸しタオルは患部の血行を良くすることで、治癒を促し痛みの緩和が期待できます。
 
ですが、あまりにも痛みが激しく、熱を持っているような場合には、炎症を抑えるために冷やすことが必要です。
また一般的に良く動かした方が早く治ると言われがちですが、急性期にあまり激しい運動をするとかえって炎症が強くなる場合もあります。
 
このあたりの見極めは少し難しいですので、不安な方は是非一度当院へご相談下さいね。
また四十肩、五十肩は痛みが強く眠れなくなったり、長期化することも多いので、やはりお早めに一度、専門家にご相談することをオススメいたします。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック八千代村上院のご案内

住      所:
〒276-0029
千葉県八千代市村上南1丁目10−2 ティアラ村上Ⅲ-1F-A
アクセス:
東葉高速線村上駅から徒歩10秒
お問い合わせ・ご予約
047-487-8867
営業時間:
月曜、火曜、水曜、金曜
午前:10:00~13:00
午後:15:00~20:00

土曜
午前:9:00~13:00
午後:15:00~19:00

日曜
午前:9:00~13:00
休業日:
木曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ