八千代市で自律神経の乱れなら臨床実績10万人以上のセドナ整骨院!

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック八千代村上院


坐骨神経痛について

皆さん、こんにちは!

セドナ整骨院 八千代村上院の金井です。

先日、患者さんからリスクエストがありましたので、
今回は、、、

【坐骨神経痛】についてお話致します。


外出自粛要請が出てから、外へ出る機会が減ってきています。
テレワークのようにいつもと状況が変わってくることで、
身体の状態も変化していきます。

そんなときに多く出る症状が、【坐骨神経痛】です!

 

多くの方から足の裏に違和感が出てくるようにまったというお話を頂きます。

座り過ぎたせいかな?

と思っている方も多いと思いますが、原因は何でしょうか?

【坐骨神経痛】には、様々な原因があります!

主な原因は

①根性・椎性の坐骨神経痛

②梨状筋症候群

③仙腸関節障害

の3つです。

 

①は、レントゲンで判断できます。 

しかし、②と③はレントゲンなどでは判断しづらいのです!

この2つの症状を説明していきます。

 

みなさんも痛みや痺れがあり、レントゲンを撮りに行っても・・・

骨に異常はありません

と言われた経験はないでしょうか?

 

そう、骨に異常がなくても神経症状は出るのです!

 

梨状筋症候群

骨盤の仙骨という骨から大腿骨の大転子に付着していて、

主に股関節を外側に捻る働きのあるのが

「梨状筋」です。

多くの方は梨状筋の前側を坐骨神経が走っています。
 

したがって股関節の負担が多い、座り姿勢が長いなどの影響

この梨状筋が硬くなり、動きが悪くなってしまっていると

坐骨神経を圧迫したりしてしまうことがあります。

実は坐骨神経痛の場合ヘルニアよりも

梨状筋症候群の方が多いと言われています。

 

その中で注意しなくてはならないことは

ヘルニアと診断されたが、それが原因とは限らないということです。

 

ヘルニアの治療をしたがなかなか改善しない場合や、

何年も前のヘルニアが再発したと思っている方、

圧迫を受けているのは他の部分かもしれません。

 

それを鑑別するのは徒手検査でもできますので

お気軽にご相談ください。
 

仙腸関節障害

仙腸関節とは、背骨の腰椎の下にある仙骨と

骨盤の中の腸骨が関節を作っている部分です。

 

上半身と下半身をつなぐ重要な関節です。

 

支持力が必要なので一般的に靭帯や筋肉で固められ

ほとんど動かない関節となっています。
(※現在は、半間節であるとされ、微妙に稼働するとされています!)

*上の図で赤色が仙骨、黄色が腸骨(寛骨)です。

 

しかし骨盤の歪みや繰り返しの負荷、出産などにより

仙腸関節に不具合が出てくるとこの付近の神経に影響が出てきます。

 

そして上半身と下半身がうまく連動しなくなり

慢性腰痛を引き起こしてしまうのです。

 

以上が坐骨神経痛の主な原因となります。

どれも共通して言えるのが体の歪みは悪影響ということですね。

心当たりのある方、早期治療をおすすめします。

 

セドナ整骨院・鍼灸院 八千代村上院

047-487-8867

金井 彩利

 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック八千代村上院のご案内

住      所:
〒276-0029
千葉県八千代市村上南1丁目10−2 ティアラ村上Ⅲ-1F-A
アクセス:
東葉高速線村上駅から徒歩10秒
お問い合わせ・ご予約
047-487-8867
営業時間:
月曜、火曜、水曜、金曜
午前:10:00~13:00
午後:15:00~20:00

土曜
午前:9:00~13:00
午後:15:00~19:00

日曜
午前:9:00~13:00
休業日:
木曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ