八千代市で自律神経の乱れなら臨床実績10万人以上のセドナ整骨院!

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック八千代村上院


四十肩・五十肩

こんにちは!セドナ整骨院・鍼灸院の伏見です。
 

突然ですが、特に原因がないのに肩関節に激しい痛みが現れて、腕が上がらなくなった経験はありませんか?

最近来院される患者さんの中でもこのような症状に悩んでいる方が多くいます。
 
 
今回はこのような症状の原因として考えられる四十肩・五十肩についてお話していきます。
 
 3e88dbdcd5013e52f123b0cad7b34430.png
 
四十肩・五十肩は別名「肩関節周囲炎」とも呼ばれ、肩関節に強い痛みや動きに制限がある状態のことを言います。

40代や50代に多いことから“四十肩・五十肩”と言われていますが
実は30代以上ならだれでも発症する可能性があるものです!
 
1度炎症を起こすと自然に回復するまでに1年ほどかかり、日常生活に支障をきたすことが多くなってしまいます。
 
原因として多いのは、肩関節を支えるインナーマッスルと呼ばれる筋肉が弱くなることで肩を支えきれなくなってしまったり
逆に使い過ぎによって切れてしまうことから起こるケースがほとんどです。

運動不足の方や猫背などにより姿勢が悪くなっている方がなりやすいので
特にデスクワークの方は注意が必要です!!
 

症状として以下のようなものがあります↓↓↓

①肩から腕にかけての痛み
②安静時痛、夜間時痛の出現
※夜間時痛 → 就寝時に痛みのある側の肩を下にして眠ったり、寝返りをすると痛みが出現
③衣服の着脱や髪を結ぶ時、エプロンをつける時などの日常生活の動きが困難になる

 
 
また、四十肩・五十肩には「急性期」「慢性期」「回復期」の3つの病期があります。
 
「急性期」で最も痛みが強く出始め
「慢性期」で痛みは落ち着いてきますが今度は周りの筋肉や靭帯が固くなることで動かしづらくなり
「回復期」で動きも徐々に改善されていきます。
 
どの時期にも共通するのは、安静にしつつも無理のない範囲で動かすこと温めてあげることです。
 
 
お家で出来るケアとしては、痛む側の腕を下に垂らして円を描くように回すコッドマン体操(下の図)や

a5777d5fbcc802aeb487a9fd975c06f7.jpg

夜間時痛が酷い方は痛む側の肩から肘の後ろにタオルなどを置いて上向きに寝てみるといいです!

S__7708683-1024x684.jpg


当院では、炎症が残っている場合少しでも早く引かせることを目的として鍼灸治療を行っていきます。
炎症がおさまった後は必ず可動域が狭くなっているので、徒手療法によって筋肉や神経に刺激入れ、リハビリを行っていきます。

姿勢不良によって肩の動きが低下している場合はカイロプラクティックによる姿勢矯正も行います。


肩関節の痛みは早期の炎症のコントロールが早期回復のカギです!
痛みが出てきたら早めにご来院ください!!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック八千代村上院のご案内

住      所:
〒276-0029
千葉県八千代市村上南1丁目10−2 ティアラ村上Ⅲ-1F-A
アクセス:
東葉高速線村上駅から徒歩10秒
お問い合わせ・ご予約
047-487-8867
営業時間:
月曜、火曜、水曜、金曜
午前:10:00~13:00
午後:15:00~20:00

土曜
午前:9:00~13:00
午後:15:00~19:00

日曜
午前:9:00~13:00
休業日:
木曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ