八千代市で自律神経の乱れなら臨床実績10万人以上のセドナ整骨院!

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック八千代村上院


古代中国の気候風土と鍼灸

こんにちは。セドナ整骨院・鍼灸院の清田です。
 

 

東洋医学は元々古代中国から伝わって来たものだと知っている方もいらっしゃると思います。

 

しかし、中国大陸は広大な為、それぞれの地域に異なる気候風土があり、それに伴い治療方法にも各々にふさわしいものがありました。

 

例えば、東方の地域は気候は温和で、海に面しており、魚と塩を排出する地方でした。

 

東方の地域の人達は、魚類をよく食べ、鹹(塩味)を好み、魚塩を美食としていました。

 

しかし、魚類を多く食べるので、東洋医学の五行で魚は「火」という性質に属することから、人は中に熱を累積するようになります。

 

また、塩を多くとりすぎると、血を消耗損傷するようになります。

 

その為、東方の地域の人達は、いずれも皮膚の色は黒く、肌のきめは粗かったのです。

 

この地域では癰瘍の類の外科的疾病が多発しました。

 

これらの病気に対する治療法として、砭石(へんせき)もしくは石鍼(いしばり)と呼ばれる鍼が使われました。


関連画像
 

この鍼は主に膿などの皮膚を切開して出す為に使用されていました

 

この鍼が臓腑経絡学や陰陽五行論などと結びつき、『鍼治療』が確立していきます。

 

砭石は後に、動物の骨を用いて作られた骨針、竹でできた竹針、陶器の破片でできた陶針などになっていきました。

 

現在使われている金属の鍼は、戦国時代頃に作られ始めたといわれています。

 

また、黄帝内経という中医学の原典には、当時使われていた鍼を特徴で9つに分類した古代九鍼が紹介されています。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック八千代村上院のご案内

住      所:
〒276-0029
千葉県八千代市村上南1丁目10−2 ティアラ村上Ⅲ-1F-A
アクセス:
東葉高速線村上駅から徒歩10秒
お問い合わせ・ご予約
047-487-8867
営業時間:
月曜、火曜、水曜、金曜
午前:10:00~13:00
午後:15:00~20:00

土曜
午前:9:00~13:00
午後:15:00~19:00

日曜
午前:9:00~13:00
休業日:
木曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ