八千代市で自律神経の乱れなら臨床実績10万人以上のセドナ整骨院!

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック八千代村上院


交感神経と副交感神経の関係

皆さん、こんにちは。
セドナ整骨院の金井です。


前回、副交感神経の働きについてお話し致しました。


本日は、《交感神経と副交感神経の関係》についてお話し致します
以前の内容に、交感神経、副交感神経それぞれの働きについてお話ししていますので、ぜひそちらから確認して頂くと今回の内容は理解しやすいと思います。


交感神経、副交感神経の関係は、シーソーの様な関係です。
どちらかが上がると、どちらかは下がります。

つまりどちらかが働くと、どちらかは働きません。


脳や身体を動かしたり、働いている時には、脳や身体の修復はできないのです。

脳や身体を修復している時、激しく動けないし、激しく動いている時には、修復できないのです。


車を思い出して下さい。
走っている時は動いているので交感神経です。
タイヤを交換したり、壊れている箇所を治したりする時は副交感神経です。
車を動かしながらタイヤ交換しているところを見たことはありませんよね?


人間も同じなんです。
働きながら休めないし、修復もできない。

そして、交感神経、副交感神経 のどちらかが優先的に働くかというと、それは交感神経の方が優先的に働きます。


人間も自然動物と同じように暮らしていましたので、昔は動物を取って食べたり、逆に動物の餌となってしまうことがありました。
これは自然の摂理ですね。
ですから、動物に襲われると逃げなきゃならない。

危機感を感じたら、否応なく交感神経が働くようになっているんです。


そして、その危機感がストレスと思って下さい。

ストレスは多すぎても少なすぎても人体に支障をきたします。
ストレスが多すぎると、いつも交感神経ばかりが働く様になり、副交感神経が働けません。
つまり、眠れない、病気が治りずらいなどの症状が出てきてしまうんですね。


交感神経と副交感神経のバランスが大切であることをご理解頂けたでしょうか?


次回は、自律神経失調症のメカニズムについてお話し致します。
 
 
 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック八千代村上院のご案内

住      所:
〒276-0029
千葉県八千代市村上南1丁目10−2 ティアラ村上Ⅲ-1F-A
アクセス:
東葉高速線村上駅から徒歩10秒
お問い合わせ・ご予約
047-487-8867
営業時間:
月曜、火曜、水曜、金曜
午前:10:00~13:00
午後:15:00~20:00

土曜
午前:9:00~13:00
午後:15:00~19:00

日曜
午前:9:00~13:00
休業日:
木曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ