八千代市で自律神経の乱れなら臨床実績10万人以上のセドナ整骨院!

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック八千代村上院


東洋医学とめまいについて

こんにちは!セドナ整骨院・鍼灸院の大谷です。


最近、東洋医学についての問い合わせ特に、メニエール病についてが多くなっており
お電話での対応が難しいのでブログにしてみましたのでご参考にして頂ければ幸いです。


メニエール病とは、東洋医学で「眩暈(げんうん、めまい)」のことをさしています。


hinketsu.png
 

眩暈の「眩」は、目と玄という2つの字でなっています。
目をくらます、まぶしい、くらむ、めまいの意味で
要するに眩暈とは「まぶしくめまいすること」を眩暈と云いました。


眩暈は、水毒、瘀血毒、食毒、で起こると東洋医学で言われています。

眩暈を訴えるほとんどの患者さんは水毒が原因で起こっているように感じます。
水毒によるものは患者さんとの問診や切診で診察してわかります。
水毒の方が良く言うのが、喉が乾く、吐き気、嘔吐、胃がもたれる、動悸がするなどです。

どれも西洋医学での検査ではチェックしない項目です!!
 
患者さんの身体状態で治療方法を決めていくのが東洋医学の特徴です。


東洋医学ではメニエール病は上焦の気が不足すれば眩暈が起こるとされますが
これは肺気が虚して肝が実するためで、
肝が実すると病的な熱が痰飲と絡んでめまいを起こすとされます。

眩暈の病理は傷寒論によれば、内に余分な水が多くて、外に生理的な水が少なくなると起こると言われています。


thumb-2055590447_7fa2b623_8924892_540x683.jpg


 

更新

<< 前の記事

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック八千代村上院のご案内

住      所:
〒276-0029
千葉県八千代市村上南1丁目10−2 ティアラ村上Ⅲ-1F-A
アクセス:
東葉高速線村上駅から徒歩10秒
お問い合わせ・ご予約
047-487-8867
営業時間:
月曜、火曜、水曜、金曜
午前:10:00~13:00
午後:15:00~20:00

土曜
午前:9:00~13:00
午後:15:00~19:00

日曜
午前:9:00~13:00
休業日:
木曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ