八千代市で自律神経の乱れなら臨床実績10万人以上のセドナ整骨院!

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック八千代村上院


自律神経失調症とは!?

皆さん、こんにちは。
セドナ整骨院の金井です。


前回までの《顎関節症》についての内容は、ご理解頂けたでしょうか?
もし、分からないことがありましたら、お気軽にスタッフにまでお声かけ下さい!


今回皆さんにお伝えするのは《自律神経の乱れ》についてです。
皆さんは、自律神経失調症という言葉を聞いた事ありますか?


今多くの方が、この症状に悩まされています。
実は、私自身も自律神経失調症と診断を受けています。
そこで、今この症状にお困りの方も、そうでない方もわかりやすく説明させて頂きます。


【自律神経って何をしているの?】
皆さんは、自律神経と聞いて、なにをするところかご存知でしょうか?
自律神経とは、私達が生きていく上で最も大切な神経です。
それは、何故かというと・・・
私達が意識をしなくても働いてくれているのです。
ここで、例を出します!
私達が身体を動かしたいときは、手や足を動かそうと意識をする事で動きます。
しかし、心臓や内臓器は、動かそうとしても勝手に動いてくれています。
また、心臓を止めよとしても止まらない!
これが、自律神経の働きなのです。


自律神経が支配しているものにはこの様なものもあります。


心臓・腎臓・肝臓・胆嚢・十二指腸・大腸・胃・膀胱・瞳孔・血管・汗腺・卵巣・嚥下 等


他にもここに書ききれないほどあります。


簡単に説明すると、自分自身が意識をして動かせない部分は、全て自律神経支配であるということです!!


自律神経の大まかな働きはご理解頂けたでしょうか?


では、次は更に深く自律神経についてお話しさせて頂きます。


自律神経は、2種類あることを知っていましたか?
1つは、交感神経・もう1つは、副交感神経と言います。


《交感神経の働き》
交感神経というと、多くの方が緊張状態である事だという事は知っていると思います。
まさしくその通りです。
交感神経は、太陽が昇ると共に活発になり、昼間にピークになります。
また、夜になるにつれ段々と働かなくなります。


交感神経は、心身を動かすのに適した体内環境にし、活動しやすいように準備してくれます。
運動を行うときは、脳も筋肉も働く為には、血液が運んでくれる酸素・糖】が必要になります。血液を沢山運べるように血圧をあげたり、心臓の動きを早くします。
これが、交感神経の働く例です。


夜になると、眠たくなり始めます。
眠たくなり始めるころには、交感神経は働かなくなり、血圧も下がり、心臓の鼓動も遅くなります。夜に心臓が急にドキドしてしまう方は、この交感神経の突発的な緊張である事が多いのです。


それと、これはよく覚えていて欲しいのですが・・・
《ストレスが多いと、交感神経は実によく働きます!》


自律神経の副交感神経が働けずに、バランスが乱れてしまうのです。


交感神経の働きについてご理解いただけたでしょうか?
次回は、副交感神経の働きについてお話し致します!


更新

<< 前の記事 次の記事 >>

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック八千代村上院のご案内

住      所:
〒276-0029
千葉県八千代市村上南1丁目10−2 ティアラ村上Ⅲ-1F-A
アクセス:
東葉高速線村上駅から徒歩10秒
お問い合わせ・ご予約
047-487-8867
営業時間:
月曜、火曜、水曜、金曜
午前:10:00~13:00
午後:15:00~20:00

土曜
午前:9:00~13:00
午後:15:00~19:00

日曜
午前:9:00~13:00
休業日:
木曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ