HOME > 肩こり・腰痛

体の痛み(肩こり・腰痛)

様々な身体の痛みあきらめていませんか?
一度当院へお越しください!

肩こり

肩こりのイメージ

肩こりは多くの方が悩んでいらっしゃる症状ですね。
デスクワーク、同じ姿勢での作業、また最近では小学生でも姿勢の悪さから肩こりが酷いと訴えてくる子供さんもいらっしゃいます。
肩こりは肩の筋肉が緊張し、筋肉の疲労や血行不良により起こります。
酷くなると頭痛やめまいの症状がおこります。

なぜ肩こりになるのでしょう・・・?
それは首の背骨のゆがみが原因かもしれません。
当院では整体矯正で肩こりの原因となるゆがみを取り除きます。
姿勢の矯正や生活習慣を見直していただき、ゆがみをとって肩こりのない身体にしていきましょう。
特に慢性的な肩こりの方に是非きていただきたいと考えています。
当院の矯正は気持ちいいだけではなく、症状を改善させることを目的としています。

肩こりの施術方法

肩こりのイメージ

背骨には神経を守る役割がありますが、ゆがむことで神経を圧迫してしまいます。圧迫された神経の領域には張り・痛み・シビレ・重だるさ等の症状を出します。
当院では手技や低周波治療器、鍼灸で筋肉を緩ませ、カイロプラクティックによる矯正で背骨や骨盤のゆがみを整えます。

なかなか治らない肩こりの原因のひとつには生活習慣も関係しています。。
ご自宅や職場でも無理なくできるストレッチや体操、姿勢の注意点のアドバイスもしています。
治療と併用することで効果が高まりますので、一緒に頑張っていきましょう。

慢性化した肩こりには週1回の矯正が効果的です。症状が落ち着いてきたら月1回の定期的なメンテナンスをおすすめしています。

腰痛

腰は身体の要といわれるように、腰を痛めると日常生活に支障をきたすようになります。腰痛をかばって生活していると余計に緊張し、さらなる悪化を招いてしまうかもしれません。
とくに脚にシビレや痛みが出たら要注意です。

腰に不調を感じたら、我慢せず早めにご来院ください。
腰の緊張がピークに達するとギックリ腰となってしまい、治るまでの期間が増えてしまいます。
早めに対処ができれば、治るまでもそれだけ早くなります。

なぜ腰痛が起きるのか、その根本的な原因は実は「背骨と骨盤のズレ」にあります。
当院では腰痛の根本的な原因(背骨と骨盤のズレ)を治療し、早期回復を促します。
腰痛を放って置いて症状がひどくなると、ヘルニアや坐骨神経痛の原因になります。

腰痛の治療方法

慢性的な腰痛はゆがみによってできた悪い姿勢が原因です。
骨盤がゆがむことで筋肉の張りに左右差ができ、それが長く続くことで痛みになります。
姿勢に起因しているため、自力で治すことはかなりの根気が必要です。
筋力トレーニングも有効ですが、痛めている箇所があるのにトレーニングするのは得策ではありません。
運動は薬にもなりますが、毒にもなるのです。

ギックリ腰は神経性(ヘルニア等)、筋・筋膜性、関節性のものに分類できます。
それぞれ所見や痛む箇所が違います。
ですが引き起こす原因はこちらもゆがみによる腰への負担がまず考えられます。

当院では骨盤や背骨のカイロプラクティック矯正だけでなく、筋肉の左右差、下半身からの影響も考えて治療を行います。
炎症がひどい場合は鍼灸治療を行う場合もあります。

腰痛は肩こり同様に生活習慣が大きく関わってきます。
いまのお身体に必要なストレッチ、注意すべき座り方、姿勢のポイント等をアドバイス致しますので、治療と併用してやってみてください。

坐骨(ざこつ)神経痛

坐骨神経痛とは、ゆがんだ骨や筋肉によって腰から足にかけて伸びている神経を圧迫し、下半身に痛みやシビレ、だるさ、力が入らない、長時間歩けない、皮膚の感覚がおかしい・・・などの症状を出すものを言います。
病名ではなく症状なので原因は様々です。

原因は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎すべり症・分離症、梨状筋症候群、変形性股関節症など多様です。
ですが腰の背骨や骨盤のゆがみによって引き起こされているものがほとんどですので、施術が可能です。

坐骨神経痛は腰痛より一歩進んだ状態なので、放っておいてもなかなか良くなりません。

カイロプラクティックで背骨と骨盤を矯正したり、鍼灸で筋肉や神経の炎症を抑えることで回復を促します。

肩関節周囲肩 ( 四十肩、五十肩 )

肩関節に強い痛みや動きに制限がある状態のことを肩関節周囲炎と言います。
40代、50代の方に多いことから四十肩、五十肩とも呼ばれますが、
30代以上なら誰でも発症する可能性があります。

一度炎症を起こすと自然に回復までに1、2年ほどかかり、
夜間の痛み、動く範囲が著しく低下するなど、日常生活に支障をきたす場合が多いです。

原因として多いのは肩関節を支える小さい筋肉(インナーマッスル)が弱くなって
肩を支えきれなくなったり、逆に使い過ぎにより切れてしまうことから始まるケースがほとんどです。

共通するのは強い炎症により、発症初期は強い痛みを引き起こします。
特にひどい場合は夜間、痛みによって眠れないことがあり、不眠症を併発します。

炎症が落ち着いてきたら、今度は周りの筋肉や靭帯が固くなり、ほとんど動かせなくなる時期がきます。
炎症している時期が長ければ長いほど、この時期が長く続きます。

痛めてから「そのうち治るだろう」と放っておいて、半年くらいして「やっぱり痛いから診てもらおう・・・」という方が多いのですが、
肩関節の痛みは早期の炎症のコントロールが早期回復のカギですので、痛めたらすぐにご来院ください。



施術方針

筋肉だけでなく、靭帯、関節を包む組織、肩甲骨、鎖骨、肋骨、姿勢など
複合的な視点から肩関節の施術をしていきます。

炎症が残っている場合、少しでも早く引かせることを目的として、
鍼灸や固定療法を行います。
炎症がおさまった後は必ず可動域が狭くなりますので
徒手療法によって筋肉や神経に刺激入れ、リハビリを行っていきます。

姿勢不良によって肩の動きが低下している場合は
カイロプラクティックによる姿勢矯正も行います。

もともと筋肉の柔軟性がない方や、筋肉量がない方はご自宅でのセルフケアも
併用することで回復が早くなります。



対策

日常生活では頭を洗う時や洗濯物を干す時以外に、
腕を高く上げる機会は意外と少ないものです。

肩の動きが改善してきましたら、ゆっくりとバンザイをするような動きを
積極的に取り入れましょう。

またテーブルや窓を縦横に拭く動きも大変いいリハビリになりますので
痛みが取れてきたらオススメです。

筋トレをする場合は、腕立て伏せ、懸垂なども肩関節の安定に役に立ちます。


自律神経の治療
  • 自律神経失調症
  • うつ病
  • 不眠
  • めまい
  • 耳鳴り
女性の方へ
  • 生理痛
  • 冷え症
  • 不妊症
妊娠中の方へ
  • 逆子
  • 肩こり
  • 腰痛
産後の方へ
  • 骨盤矯正
  • ダイエット
その他の治療メニュー
  • スポーツ障害
  • 肩こり・腰痛
  • 顎関節症

大きな地図で見る
住所
〒276-0029
千葉県八千代市村上南1-10-2
ティアラ村上Ⅲ1F-A
最寄り駅
東葉高速鉄道「村上駅」徒歩1分
診療時間
月火水金
10:00~13:00 15:00~20:00
土曜
9:00~13:00 15:00~19:00
日曜
9:00~13:00

お問い合わせ 詳しくはこちら