自律神経失調症

病院で検査をしても原因が分からない・・・。
原因不明の体の不調や、ストレスからの体の疲れは当院へお任せください!

自律神経失調症がなぜ整体治療で治るのか?

自律神経失調症がなぜ整体治療でなおるのかのイメージ

「自律神経失調症」とはストレスによって交感神経と副交感神経のバランスが崩れて身体に悪影響を与えることです。
体の歪みによってできた痛みやコリといった不快な症状が交感神経を刺激し、それが長く続くことで交感神経が優位になり自律神経のバランスを崩します。
ですので、整体治療で歪みを取ることで、痛みやコリ、体の歪みを改善させることで自律神経のバランスを整え、身体の不調を改善致します。

自律神経失調症と背骨のゆがみの関係

自立神経失調症と背骨のゆがみの関係のイメージ

背骨のゆがみと自律神経との関係についてお話しいたします。
自律神経失調症の原因はストレスというのはご存知かと思います。

確かにストレスが大きな原因のひとつなのですが、背骨のゆがみにも深く関係しています。

自律神経は脳から出て背骨の間を通り、内臓や血管を支配している神経です。
この自律神経はホメオスタシスと呼ばれる、「からだを正常に保つ機能」の重要な役割を果たします。

自律神経には交感神経副交感神経の2種類あるのですが、このバランスが崩れてしまうと呼吸や消化・代謝・分泌・体温・排泄・生殖などに悪影響を及ぼします。

女性によくみられる生理不順、生理痛、便秘などもこの自律神経のアンバランスさと関係があります。
また精神面にも関係があり、たとえば、いつもだるくて何もやる気がしない、とか逆に、夜になると体は疲れているのに神経が冴えてなかなか眠れない等です。

では、自律神経についてもう少し詳しく説明することにしますね。
健康な状態では、日中は神経を興奮させる交換神経が優位にはたらきます。そして、夜は神経を落ち着かせ、リラックスした状態にさせる副交感神経に切り替わります。

しかし、背骨がゆがんでいたり、捻れていたり、背骨そのものの動きが悪いとこの交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズにいかなくなってしまいます。

副交感神経に切り替わるとリラックスして筋肉も緩むものなのですが、背骨のゆがみがあると、筋肉は常に緊張した状態になり、なかなか副交感神経に切り替われなくなってしまいます。
すると、夜寝る時になっても交感神経が優位に働き続け、神経もずっと興奮したままなので、疲れていても眠れないということになってしまうのです。

当院で全身の骨格矯正をし、よく眠れるようになった、という話を患者さんから聞きますが、これはゆがみが解消された結果、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに行われるようになったのです。

また、脳から背骨にかけて脳脊髄液(のうせきずいえき)という液体が常に循環しています。
リンパ液と同じ成分で、脳や背骨を通る神経の保護・機能の維持・老廃物の運搬などの役割があります。

この髄液の流れがスムーズだと免疫力も上がって病気になりにくく、ストレスにも強くなります。
しかし、この髄液の流れが悪いと免疫力も低下し、ちょっとしたことで病気になりやすく、ストレスにも弱くなり、すぐイライラしたりします。
当然のことながら背骨がゆがんでいたり、背骨全体の動きが固くなると、この髄液の流れも悪くなります。

だいぶ話が長くなってしまいましたが、背骨のゆがみや動きの固さにより自律神経の切り替えや脳脊髄液の循環に悪影響をおよぼすということがおわかりいただけたでしょうか?
背骨がゆがむと脳はストレスを感じ続けるので、全体のストレス量が増えて自律神経が崩れてしまうのですね。

背骨のゆがみを解消し、背骨全体がしなやかに動くようになることにより、内臓や神経の働きが正常になり、免疫力も上がり、ストレスにも強い体になることができるのです。

各症状につきましては、下記をクリックしてご確認ください。

目の疲れ

目の疲れのイメージ

俗に言う眼精疲労は肩コリや頭痛の原因となるはあなたも御存じだと思います。
しかし、自覚症状が少なく、自分の目が疲れていると感じないことが多いのも眼精疲労の特徴です。
もしかしたら、あなたの肩コリや頭痛の原因は目の疲れから来ているのかもしれません。
仕事でパソコンの画面と睨めっ子。 
ついつい休まず細かい作業を続けているあなたは目が疲れている事でしょう。
目から入った色々な刺激は直接脳に入ります。
その為、目が疲れてくると、脳も疲れ、頭痛や肩コリ、自律神経失調症の原因となる場合もあります。
治療を行うことによりそれらの症状を解消し、すっきりとしてみてはいかがでしょうか?

耳の中に水がたまったようなゴロゴロ

耳の中に水がたまったようなゴロゴロのイメージ

もしも自分がこの症状に襲われたらどうしますか?
まずは耳鼻科に行って診察、原因が解らなければ、脳のCTやMRIなどで検査されると思います。
ちょっと待って下さい! 
その症状も顎関節と頭蓋骨の矯正により回復させることができるかもしれません。
耳のすぐ下には顎の関節があります。 
その関節のズレが耳の奥を圧迫し水の入った様な籠る音を発生させている可能性があるのです。
一度、相談しにいらしてみてください。 お役に立てるかもしれません。

飲み込みづらい、喉の違和感

飲み込みづらい、喉の違和感のイメージ

私達は食事をするとき何事もなくスムーズに物を飲み込んでいますが、自律神経が円滑に働いているおかげで自然に食物などを飲み込めています。
その自律神経の働きが乱れてしまうと簡単に食物を飲み込むことができなくなってしまうようです。
検査により、腫瘍などの原因がないのであれば、原因は頚椎の歪みによる筋の捻じれや運動神経の機能低下、そして自律神経のみだれが関係しています。
では、そんな時はどうすればいいのでしょうか。
セドナ整骨院では、原因である頚椎の歪みや、顎関節、頭蓋骨の調整を行うことで症状は改善されます。

口が開けづらい、顎がカクカク音がする

口が開けづらい、顎がカクカク音がするのイメージ

このような症状で長い間悩み続けている人は沢山いるのではないでしょうか? 
顎関節の不具合は長時間放置していると、顔の歪みだけではなく、頚椎の歪みや頭痛の原因、平衡感覚の乱れ、体に力が入らないなどの自律神経の症状が現れたりします。
額関節の緩みや歪みを正すことは、生活の質を維持する上で最も重要な事のひとつです。 
正しく矯正し、快適で楽しい食事や笑顔を取り戻しませんか?

呼吸がしづらい

呼吸は最も大事で、自分でコントロールできる唯一の自律神経支配行動です。
からだの隅々まで酸素を取り込むことが出来なくなると、体の老化を早め、疲れやすくなったり、やる気の低下や自律神経失調症、鬱などの原因となってしまいます。
考えられる要因は胸椎(肋骨のつく背骨)の歪みが一番の原因。心意的ストレスやトラウマ、運動不足も考えられます。
あなたは、普段から深呼吸をしていますか? 
生活の中ではなかなか意識的に深呼吸をすることはあまりないのではないでしょうか。
胸椎や肋骨の矯正、横隔膜の調整により呼吸を楽にすることが出来ます。
整体で元気な活気のある身体を取り戻してみませんか。

自律神経の治療
  • 自律神経失調症
  • うつ病
  • 不眠
  • めまい
  • 耳鳴り
女性の方へ
  • 生理痛
  • 冷え症
  • 不妊症
妊娠中の方へ
  • 逆子
  • 肩こり
  • 腰痛
産後の方へ
  • 骨盤矯正
  • ダイエット
その他の治療メニュー
  • スポーツ障害
  • 肩こり・腰痛
  • 顎関節症

大きな地図で見る
住所
〒276-0029
千葉県八千代市村上南1-10-2
ティアラ村上Ⅲ1F-A
最寄り駅
東葉高速鉄道「村上駅」徒歩1分
診療時間
月火水金
10:00~13:00 15:00~20:00
土曜
9:00~13:00 15:00~19:00
日曜
9:00~13:00

お問い合わせ 詳しくはこちら